準確定申告

2011-06-24

準確定申告

故人が亡くなった年の1月1日から亡くなった日までの所得を計算し、相続人が税務署に確定申告をすることです。
(相続の開始があった事を知ってから4ヶ月以内)

前年分の確定申告をしないまま亡くなった場合も、相続人が前年分の確定申告をしなければなりません。
(前年分は通常の確定申告期限ではなく、本年分と同様に相続の開始があった事を知ってから4ヶ月以内です。)

準確定申告が必要な場合

①2ヶ所以上で給与を受けていた

②給与収入が2000万円を越えていた

③給与所得や退職金の所得以外に、合計で20万円以上の所得があった

④医療費控除の対象となる高額の医療費を支払っていた

⑤同族会社の役員や親戚などで、給与の他に貸付金の利子、家賃などを受けとっていた

                     

ご相談の流れ

尊厳死宣言公正証書

提携事務所一覧


Copyright© 2011 安心!相続・遺言サポートセンター 姫路 ~相続・遺言専門センター~ All Rights Reserved.