相続分

2011-06-25

▽ 指定相続分

遺留分の規定に反しないかぎり、遺言により、法定相続分と異なる共同相続人の相続分を指定することができます。
遺言で相続分を指定したときは、法定相続分に優先します。また、自分で指定せずに第三者に相続分の指定を委託することもできます。

▽ 法定相続分

1. 相続人が配偶者と直系卑属(子、代襲相続人としての孫以下)の場合(第一順位)

相続分は配偶者が2分の1、直系卑属が2分の1
(複数いるときはさらに均等割りにする。)(配偶者が亡くなっている場合は、全遺産を直系卑属が相続する。)

2. 相続人が配偶者と直系尊属(被相続人の両親、両親ともに死亡の場合は祖父母)の場合(第ニ順位)

相続分は配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1。
((両親ともに生存のときはさらに均等割りにする。)(配偶者が亡くなっている場合は、全遺産を直系尊属が相続する。)

3. 相続人が配偶者と兄弟姉妹(全員死亡のときは甥・姪)の場合(第三順位)

相続分は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1
(複数いるときはさらに均等割りにする。)(配偶者が亡くなっている場合は、全遺産を兄弟姉妹が相続する。)

その他のパターン 直系卑属、直系尊属、兄弟姉妹甥姪の誰もいない場合は配偶者が全遺産を相続する。

                     

ご相談の流れ

尊厳死宣言公正証書

提携事務所一覧


Copyright© 2011 安心!相続・遺言サポートセンター 姫路 ~相続・遺言専門センター~ All Rights Reserved.