寄与分

2011-06-25

寄与分を主張できるのは、相続人だけです。
(内縁の妻や事実上の養子などは、どんなに貢献していたとしても、自ら寄与分を主張することはできません。)

相続放棄した者、相続欠格者及び廃除された者も寄与分を主張する資格はありません。   

■寄与分が認められる者は

・被相続人の事業に関する労務の提供または財産の給付した者

・被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持または増加につき特別に寄与をした者

寄与分を認めるか認めないか、そして認めるならいくらになるのかの決定は、遺言書に指定が無ければ相続人同士の話し合いによります。
(話がまとまらない場合は、寄与者が家庭裁判所に審判を申立)

                     

ご相談の流れ

尊厳死宣言公正証書

提携事務所一覧


Copyright© 2011 安心!相続・遺言サポートセンター 姫路 ~相続・遺言専門センター~ All Rights Reserved.